出張先のホテルでななみ先輩と同室

こんにちは、ぺろ氏です。

引き続き「よむ・オフィスウェア」の撮影。「よむ・オフィスウェア」のような服系水着は、ストーリー性が感じられて、撮影の幅が拡がるので好きです。

さて今回は、出張先のホテルをシングル2室ではなくスイート1室で予約していたことが判明し、ななみ先輩にお仕置きされるイメージで撮影しました。

出張先のホテルでななみ先輩と同室

「私シングル2部屋って言ったはずだけど。この部屋は一体どういうこと?」

「え、ちゃんとシングル2部屋で出張申請してて、このスイートルームは自腹で予約した…!?」

「私とココに泊まりたかった、って……まったく君は……」

「まぁ当日キャンセルもできないし、どうせなら使おうか。ただし君が寝る部屋はシングルだぞ」

「さて。こんなことを私に隠してたなんて、お仕置きが必要だな…?」

ななみ先輩のお仕置き

「……もしかして…君、こっちにも興味あるのか……?見込みある変態君じゃないか」

「……褒めてるんだぞ?」

「でも今日に限っては墓穴を掘ったかもな」

「ずっと外回りだったから……すごいニオイだろ?」

「(へぇ、このニオイを嫌がらないなんて…)」

「…好きにしていいぞ?」

「って、ちょっ……あっっ…!」

「おい、そんなにがっつくな。はぁ……これじゃあお仕置きの意味がないじゃないか」

「そう、そう…っ…優しく丁寧にな……」

「(なんだろう…オーナー君に舐められた時ゾクってした……)」


ななみにまとわりつく白いモヤが、立ち昇るニオイを表現しているように見えて良かったので、浴室前で撮影しました。

本来ならベッドの上でお仕置き撮影したかったですが。脱衣場は床も硬そうだし。