口づけの余韻(ななみプルミエ・ランデブー着崩れ)

こんにちは、ぺろ氏です。

バレンタインイベント後半、ななみのプルミエ・ランデブー来ると思ったんだよな…取れて良かったです。

新しいポーズ「立ち 恥ずかしい…」を交えつつ撮影してみました。

口づけの余韻

「(色々シチュエーション考えたけど、やっぱり私はストレートに伝えるのが性に合ってるかも…)」

「……ねぇ、オーナー……」

「私……オーナーのことが好き……大好きなの……」

「……えと、言いたかったのはそれだけ……」

……

「えっ、私がちゃんと気持ちを伝えてくれて嬉しい…?……そう…良かった……」

一瞬の静寂のあと、

どちらからでもなく自然とお互い歩み寄り、

唇を重ねていた。

ななみとの口づけは、ひたすらに長く濃厚だった。

「なんか、すごい良かったかも……」

「ねぇオーナー……こっちも、いっぱいして……」

ななみが震える手で自分自身を左右に広げる。

綺麗なピンク色のヒダの中で、小さな穴がクポクポと呼吸をするように口を開け、女の子の蜜を分泌していた。

下から上へ、舌を這わせながら溢れる蜜を舐め取っていく。

上の終点にある突起を優しく擦ってあげると、ななみは身体を震わせて新しい蜜をジワリと滲ませた。

使用ポーズ
  • 立ち 体を抱く
  • 立ち ハロー
  • 立ち ふりふり
  • 膝立ち 両手を頭に
  • 立ち 恥ずかしい…
  • どう?
おまけ(使わなかったやつ)